整備不良は廃車の元

ちょっとそこまでというのが、小さい頃は歩いていけるところから始まり、それが自転車に乗れるようになると、範囲が結構広がった感じがしたものですが、これも免許を取得し車が乗れるようになってしまうと、話にならないぐらいの広がりに変わってしまいます。
走行距離10万キロオーバーの車は売れるのか? 中古車査定・買取 -走り ...

そうなると不思議なものでちょっとそこまでというのでも車でないと行けないようになってしまいます。歩いてもせいぜい10分程度のスーパーへ行くだけでも、駐車場があるところであれば、つい車でとなってしまいます。
廃車買取りドットコム
しかし、このようについそこまでという車の使い方をしている人ほど、車が動かなくなって困っているのを見かけるような気がします。スーパーの駐車場などでも、車が動かずに途方にくれていたり、街中で路肩付近に車を停めてレッカーを呼んだりと、おそらく何がなんだかわからないままに車が動かなくなってしまったというものだと思います。
永久抹消登録台数 - 自販連のホームページ/統計データ

きっと、車はガソリンさえ入れていれば動くものという感覚なのだと思いますが、メンテナンスというものをまったくしていない、もしくは旦那様まかせという方が多いのではないでしょうか。高速道路などで長距離移動する場合では、平日いつも乗っているという人より、週末ドライバーの方がトラブルで立ち往生している人が多い気がします。
廃車手続きをチェック
すべて、メンテナンスを日頃からしているかどうかという問題だと思いますが、常日頃から車が何のトラブルも無く動くのは当たり前とは考えずに、定期的に整備や点検があって、始めて快適に動き続けるという意識を持っていないと、思わぬときに動かなくなり、何を確認すればいいのかもまったくわからないままに、助けをもとめて、いざ見てもらったら、ものの2~3分の作業で元通りという事も珍しくないようですので、いざという事が無いように、日頃から点検、整備は欠かさないようにすることをお勧めします。